人身事故に遭った後の示談交渉

車の人身事故被害に遭った後の示談交渉について弁護士への相談についてお話します

弁護士の相談内容

交通事故の示談交渉を弁護士に相談するのであれば、まずは無料相談予約を取りましょう。無料相談予約を取る際に、必要な書類について聞いておくとよいです。必要となる書類は、事故の状況を示した書類、保険会社の保険証券や加害者の情報、加害者の保険会社の情報などです。また、人身事故ですからケガを負ったり後遺障害を負ったりしますが、医師の診断書などケガの状況が分かる書類です。

治療費また、仕事を休業した場合は、休業補償給付などを受けられるように賃金明細などをつけておくとよいです。相談内容としては、これから相手方とどのように交渉をして行けばよいか、示談金の中に含まれている損害の中で過不足がないかどうか、示談の流れなどです

ケガをしたりしている場合は、どのタイミングで示談を始めるかも重要です。ケガの状態や後遺障害の有無が分かってからでないと正確に治療費などを算出することが出来ないからです。ともあれ、交通事故の示談交渉については、保険会社に任せきりにしておくと、事故による損害について気づかない場合もありますし、相場よりも低い金額で示談が成立してしまうリスクもあります。弁護士に相談することでスムーズに解決することができます。