人身事故に遭った後の示談交渉

車の人身事故被害に遭った後の示談交渉について弁護士への相談についてお話します

弁護士に相談するメリット

交通事故の人身事故において示談を行うメリットは、早期に賠償金の支払いなどの決着をつけられることです。そういった示談においては、保険会社に任せきりにするより弁護士を頼むことにメリットが多くあります。

弁護士人身事故における交通事故の示談金については損害賠償金並びに慰謝料が含まれています。慰謝料については、自賠責基準、任意保険基準、裁判などに使われる弁護士基準の3種類がありますが弁護士基準が一番高い金額になります。弁護士にお願いすることにより、そのような弁護士基準が採用される可能性も高まります。

また、示談金にはいろいろな要素が含まれます。ケガの治療費はもちろんのこと、入院したり通院したりする際の慰謝料などです。それだけでなく、車を修理したのであれば修理代も含まれますし、仕事を休んだのであれば休業補償が含まれます。示談金や支払い方法を書いた示談書が提出されたとしても、素人でしたらそれが全部含まれているかわかりません。

そういったときも弁護士であれば書類を見て必要なことが含まれているかをしっかりと確認することができます。万が一示談がうまく成立せずに裁判になったとしても、弁護士であれば法律的にきちんと対応してくれるからです。

(参照リンク)弁護士法人アディーレ法律事務所_交通事故示談対応