人身事故に遭った後の示談交渉

車の人身事故被害に遭った後の示談交渉について弁護士への相談についてお話します

人身事故の示談

交通事故において、加害者と被害者が双方の話し合いにより交通事故によって被害者が被った損害やケガをしたり後遺障害が残ってしまった場合に支払われる慰謝料や各種損害金などを示談金として支払うことを示談といいます。示談は、物損事故でも人身事故でも行いますが、人身事故の場合、治療費や慰謝料なども含まれますので、より交渉が複雑になりますので注意が必要です。

交通事故交通事故が発生したらまずは警察に通報し、示談の交渉相手となる加害者の身元を確認します。一般的には、加害者と被害者が直接行うことではなく、双方の保険会社が行います。保険会社はいろいろな交通事故を取り扱っていますので、過去の事故の状況などから示談金を決めていくことになります。

物損事故の場合、示談はすぐにでも始められますが、人身事故の場合はそうはいきません。死亡事故の場合は、一般的に被害者側の遺族などに配慮し、さらに損害金に含まれる葬儀や法要の費用が確定した49日以降に行います。

負傷をした場合は、示談交渉を始めるときはより慎重に行わないといけません。ケガの状態が確定していないのに急いで示談をしてしまうと、請求すべき損害賠償金が請求できない場合があります。後から後遺障害が残ったことが判明したとしても、いざ示談書にハンコを押してしまうと示談をやり直すことはできません。示談は慎重に行うことが大切ですし、交通事故を得意とする弁護士など専門家に相談するのがよいでしょう。